廃車で車を捨てるのはもったいない!引取りでお金をもらえる

車を廃車処理するときの手順や費用について

 

車を廃車処理する場合、廃車業者や中古車販売店などで行います。
かかる費用は、車種やお店によって異なりますが、だいたい5万円前後になります。
でも、最近は廃車処理費用を取らない業者も多いとか。
リサイクル費用預託済みの場合にのみ、費用がかかるようになっています。
要するに、以前よりも安く廃車処理の手続きをすることができるというわけです。

 

 

また、近年は廃車買取店も増えています。
買取店の場合、廃車したい車を買い取ってくれるので、
廃車処理をするよりも断然お得。

 

 

 

さて、廃車処理の手続きには、いくつかの書類を準備する必要があります。
必要書類は、印鑑証明書や手数料納付書、実印などですね。
自分で手続きをする場合と、
お店で手続きをする場合とでは内容が異なりますので、
調べておくと助かりますよ。

 

 

廃車は、ある程度手続きの流れや費用を知っておくことで、
比較しながら廃車手続きをすることができます。
やはり、お店によって手続きにかかる費用は異なりますし、
きちんと理解していたほうが安心です。

 

 

廃車処理で損をしないためにも、事前確認がポイントです。

廃車の手続きは事前確認でスムーズに!

 

どんな手続きでもそうですが、
事前確認をすることでスムーズに手続きを終えることができます。
廃車は、永久抹消と一時抹消と2つの手続き方法がありますから、
どちらの手続きを行うのはきちんと確認しておきましょう。
また、各手続きは必要書類が異なりますので、こちらの確認もお忘れなく!

 

 

永久抹消も一時抹消も、手続きはお店または自身で行うことができます。
はじめての方は、お店に依頼をしたほうが安心ですね。
何度か廃車をしたことがある方は、
自分で手続きをしたほうが手数料を節約することができます。

 

 

 

ちなみに、永久抹消と一時抹消以外にも、
「解体届出」を行っている場合の廃車手続きもあります。
この場合、必要になる書類は以下のとおりになります。

 

 

●お店に依頼する場合
委任状・登録識別情報等通知書・移動報告番号/解体報告記録

 

 

登録識別情報等通知書は、一時抹消登録証明書でもOKです。
移動報告番号/解体報告記録はメモ書きでも可能。

 

 

 

●自分で手続きをする場合
委任状・登録識別情報等通知書・移動報告番号/解体報告記録・
永久抹消登録申請書・代理人の印鑑

 

 

が、必要になります。

 

産後 便秘

 

借金返済

 

浮気調査