廃車を解体するための手続きをマニュアル化

 

廃車手続きをした車は、解体をします。
解体は、廃車業者ではなく解体業者によって行われます。
また、廃車でも一時抹消登録の場合は、解体は行われません。

 

 

廃車手続きをした車を解体するのは、「永久抹消登録」をした場合のみです。
永久抹消登録をした車は、解体業者によって解体され、「解体証明書」を受け取ります。
解体業者は、必ず”リサイクル法の許可”を得ている業者を。
解体証明書は発行まで少し時間がかかりますので、
廃車手続きをスムーズにするためには、事前に解体をしておくことをオススメします。

 

 

解体をするときに気をつけたいのは、「ナンバープレート」です。
ナンバープレートは、つけたままでは解体できません。
廃車手続きもできませんので、必ず外して返却しましょう。

 

 

 

解体業者のなかには、廃車手続きも行ってくれるところがありますが、
廃車業者以外に依頼をすると、別途手数料がかかってきます。
廃車手続きだけでもお金がかかるので、余分なお金を払わないためにも、
必ず廃車業者を選びましょう。

 

 

解体業者はいろいろありますから、知人や友人に聞くのが一番ですね。
なかには許可なく解体をしている業者もいますので気をつけて下さいね。

廃車時に委任状が必要になる場合の理由

 

廃車には、さまざまな手続きが必要になります。
そのなかのひとつに、「委任状」があります。
委任状とは、本来行う車の所有者・使用者以外の者が、
代理で申請を行うときに必要になる書類です。
要するに、本来申請を行う当事者が、直接申請できないときに、
代わりの人が手続きをするときに用意するもの。

 

 

この委任状には、いくつかの種類があります。
用途によって委任状が異なりますので、
きちんと確認して委任状を用意しましょう。
ちなみに、軽自動車の場合、
委任状ではなく「申請依頼書」という用紙を使用します。

 

 

 

委任状は、以下の欄に必要事項を記入します。
◎受任者
住所・氏名・代理人の証明・自動車登録番号(車台番号)
◎委任者
住所・氏名

 

 

受任者の住所・氏名の下には、”上記の者を代理人と定め、
下記自動車の「抹消登録」〜”と記入します。
自動車登録番号は、車検証に記載されていますから、確認しましょう。

 

 

 

委任状は、廃車をする会社が用意してくれますが、
自身でダウンロードすることもできます。
詳しい書き方の例など、
廃車専門店などに記載していますから確認してみると良いでしょう。

廃車を解体するための手続きをマニュアル化関連ページ

廃車の永久抹消って一体どんな方法なの?